ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)

SSDのビジネスケース

わずかな投資で、SSDが生産性をいかに飛躍的に向上させるか

ビジネスの世界では「時は金なり」です。つまり、生産性は金銭と同等であり、コストに関わるということです。ビジネスにおいて最小のコストで最大のパフォーマンスが求められるのは、ITの世界でも同様です。そして、それを実現するのがソリッドステートドライブ(SSD)です。新しいシステムにかかるコストから見ればわずかなコストで、既存のコンピューターとサーバーに圧倒的なパワーをもたらします。タブレットやスマートフォンは瞬時に起動します。コンピューターやサーバーも、そうあるべきです。SSDが組織の生産性を飛躍的に向上させる手段をご紹介します。

デスクトップおよびノートブックでのSSD:個々のパワーを数倍高める

15倍以上の処理スピードでオフィスチームの作業力を高める1

プログラムをクリックし、瞬時に読み込むことができたら。従来のハードディスクと比較して15倍以上高速。それがSSDのパワーです。チームメンバーが、事実上すべてのタイプのタスクとマルチタスクの実行に、一日中コンピューターを使用するビジネス環境では、この性能はきわめて重要です。それぞれのチームメンバーがより速いスピードで作業できれば、組織はより速いスピードで前進できます。

モバイル機器のバッテリー駆動時間を2倍にする2

今日では、営業チームは外出先で常にモバイル機器に頼っていますが、バッテリー駆動時間による制約を受けてしまいます。SSDは一般的なハードディスクより2倍以上エネルギー効率が高く、これはノートブックのバッテリーが移動中の全飛行時間駆動し続けるか、途中でバッテリー切れとなってしまうか、というほどの差を生み出します。

移動を想定した耐久性でプレゼンテーション用のデータを保護

SSDには極小の可動部がないため、損傷に弱いハードディスクと比べ、耐久性にきわめて優れています。移動が多い業務の従事者は、出張で荷物を雑に扱われることも少なくないため、これはとても重要です。大事なクライアントへのプレゼンテーションの前に、コンピューターが落とされてしまったり、押されてしまった場合に、ハードディスクが機能しなくなってしまうこともあります。しかし、SSDの構造設計であれば、動作が維持されます。

機密性の高い事業計画や顧客情報を確実に保護

ビジネスシステムに保管されるあらゆるものが、ハッカーや情報を盗む者にとって価値があり、競争において大きな価値を持っています。ハードディスクは、一般的にソフトウェアベースの暗号化をサポートしますが、簡単にハッキングされ、解読されてしまいます。機密データを保護するより良い方法は、SSDで、ほとんどのドライブで標準となりつつあるハードウェアレベルの暗号化を行うことです。


サーバーでのSSD:組織のパワーを数倍高める

SSDによって向上するのはノートブックやデスクトップだけではありません。サーバーにおいても、さらなるパワーを発揮します。なぜなら、仮想化アプリケーション、オペレーティングシステム、データベース、オンライントランザクション処理などを通じて、組織のメンバーの作業力を強化することになるからです。

誰もがファイルサーバー上のデータにすばやくアクセスできる

多くの組織でファイルはサーバー上に存在しています。誰もがいつでも必要なときにアクセスできるようにするためです。しかしながら、多くの人がデータに同時にアクセスするため、ハードディスクのパフォーマンスの限度を超えたぎりぎりの状態になってしまうという問題が生じます。ハードディスクをSSDに換えれば、組織の誰もが必要なデータにすばやくアクセスして、作業を処理できます。

1つのサーバーに対する仮想マシンの数を増やす

仮想化アプリケーションやオペレーティングシステムをエンタープライズSSDに保管すれば、その動作は劇的に速くなります。また、SSDなら、実行可能な仮想マシンの数を増やしながらも、ブートストームを最小限に抑えることができます。

1分当たり45倍のデータベーストランザクションを処理

エンタープライズSSDは、Microsoft® SQL Server 2014で1分当たり250万に及ぶ膨大な数のデータベーストランザクション、500,000を超える注文トランザクションの処理を可能にします。31分当たり53,220のデータベーストランザクションしか処理できなかったエンタープライズグレードのハードディスクのテストと比較してみてください。4

ソフトウェアライセンスのコストを大幅に節約

既存のサーバーのパフォーマンスを向上させることにより、使用するサーバーの数を抑えられ、1年当たり1台のサーバーにつき25倍以上かかることも多いデータベースソフトウェアライセンスの年間コストを節約することになります。5SSDはライセンスコストを削減するだけでなく、エネルギー効率も高く、冷却コストも減少するため、さらなる節約が見込めます。


両タイプのシステムでのSSD:あらゆるパワーを数倍高める

より多くの組織がSSDに移行するにしたがって、ビジネスペースは加速しています。顧客やチームメンバーは、必要なものが何であれ、瞬時にアクセスできることを望んでいます。SSDでは、それを実現し、作業プロセスにおけるチームのメリットとパフォーマンスの向上を促進します。まだ、確信をお持ちいただけないかもしれませんが、まずは、SSDを1台お試しいただき、生産性に与える効果を確認してみてください。さらに、サーバーごと、チームメンバーごとに増やすことを検討してください。その結果、潜在的な生産力が明らかになるはずです。



組織に最適なCrucial®を選択

お使いのクライアントシステムに最適なSSDを選択するには、組織で重要とされるものが何かを把握することがすべてです。SSDへの移行を検討するにあたり、次のうち、重要な要素といえばどれでしょうか。2つ選んでください。

2つの要素を選択してください。
  •   パフォーマンス(読込/書込速度)
  •   耐久性(ドライブの寿命)
  •   信頼性(品質とデータ整合性)
  •   セキュリティ(暗号化)
  •   価格(容量GB当たりの費用)

送信


互換性のあるアップグレード。保証。簡単に使える2つのツールで適切なアップグレードを検索します。