ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)

コストを抑えるなら、メモリは自分で取り付けましょう

テレビのリモコンの電池交換ができるなら、自分でメモリを取り付けることができます。

修理店にコンピューターを持ち込んで、専門家に新しいメモリを取り付けてもらうのがいいと思うかもしれませんが、それには高いコストがかかります。1分以内に自分でメモリを取り付けられるならなおさらです。
  1. 対応メモリを探しにPCショップに行く必要がない

    システムのハードウェアを分析し、システム固有の仕様に基づいて最適なアップグレードを勧めるSystem Scannerツールを使用して、わずか60秒足らずで対応する手頃なメモリを見つけることができます。PCショップであればサービス料を請求されるかもしれませんが、Crucialは無償でこのツールを提供しています。さらに良い点は、ツールから受け取る診断情報は、メモリ業界最高の互換性データベースに裏打ちされているため、お使いのシステムに最適なアップグレードをご購入いただけます。
  2. メモリモジュールにかける費用を減らす

    PCショップは概して設置するコンポーネントの価格を上げたり、業界の最も厳しい基準に即して製造されていない可能性のあるコンポーネントを使用したりする場合があります。自分で取り付けたいモジュールを選択する(その製造方法や検査方法をリサーチするとともに)ことで、最良かつ確かな情報に基づいた決断を下すことができ、多くの場合モジュール費用の節約にもなります。
  3. 人件費の削減

    PCショップでメモリを取り付けてもらうと、通常高い時間給や定額の取り付け費用を請求されます。料金は店によって異なりますが、取り付けるモジュールの半分の金額にも達する場合があります(追加費用)。自分でメモリを取り付けることで、ほんの数分でできることに代金を支払わなくてすみます。
  4. 店へ行く手間を省く

    PCショップにお金を払ってメモリを取り付けてもらう場合、システムを外して車に積み込み、ショップに持って行き、それをまた後で取りに行き、最後に何もかも元通りに再構築する必要があります。かなり余計な手間がかかり、自分の時間にどれほどの価値があるかという究極の疑問が持ち上がります。

自分でメモリを取り付ければ、作業を通じて時間とお金を節約し、自信をつけ、コンピューターの仕組みについて少し詳しくなることができます。

インストール方法


保証された互換メモリやSSDのアップグレードの特定、ご購入には、受賞歴のあるSystem ScannerやCrucial Advisorツールをご利用ください。

互換性のあるアップグレード。保証。簡単に使える2つのツールで適切なアップグレードを検索します。