ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)

大手メーカーからメモリを購入する
3つの理由

世界的なメモリメーカーはほんの一握りであるにもかかわらず、多くの企業が組み立て直したパーツを自社の製品として販売しています。メーカーからメモリを購入する最大の理由として挙げられるものとして、トレーサビリティコード、書込テスト、ガードバンドテストという製造プロセスに取り入れられている3段階の品質管理手順があります。

#1:トレーサビリティコード

メモリチップを見ると、チップに一連の番号が印刷されているのがわかります。これらの数字は、モジュールのバッチ内で問題が発生した場合にその問題を特定し、修正するために使用されます。Micronのようなチップメーカーでは、トレーサビリティコードを使用して部品がいつ組み立てられたのか、どの製造工場で組み込まれたのかを判断し、問題のあるチップが由来する元のシリコンウェハーまで追跡することができます。この情報のデータベースを構築することで、チップメーカーはより効率的にメモリの問題の原因を特定し、修正し、次のバッチでそれまで以上により品質のよいモジュールを製造できるようになります。製造過程においてこうした改善を重ねていくことで、その成果は、サードパーティのコンポーネントを組み立てているだけのメーカーでは容易に達成できない優れたモジュールの品質として顕著に現れます。自社製造のメーカーから購入することによって、改善が重ねられた優れたモジュールテクノロジーを活用することができます。

#2:書込テスト

トレーサビリティコードの利点に加え、本物の製造メーカーはバーンインテストというプロセスを採用しており、これによりさまざまなコンポーネントでモジュールを組み立てている企業よりも優れた品質のモジュールを生産することができます。自社製造のメーカーでは、書込テストで、最小限の使用後に不具合を起こす一部のチップを各バッチで識別するため、チップを高温下においたテストを行います。これらの自然発生的な問題の可能性があるチップを消費者の手に届く前に特定し取り除くことで、正規メーカーは高水準の品質と信頼性を達成するこができるのです。

#3:ガードバンドテスト

ガードバンドテストは、チップが基準外の動作条件の下でも正常に動作することを確認するのに役立ちます。コンピューターの内部、温度、その他の変化は多くの場合異なるため、ガードバンドテストはその原因の特定に役立ちます。

メモリチップが製造される際には、一般的に、許容されるパフォーマンスレベルの条件を満たすために特定の範囲内に収まる必要があります。たとえば、チップが基準を満たしているとみなされるためには、特定のパラメータが10~20という条件を満たす必要があるとします。数値が10未満または20以上のチップを失格とするテストプロセスを設定するよりも、数値が11未満または19以上で失格とするテストプロセスを設定します。こうすることで、メモリチップが実際のコンピューターの使用環境で使われ、自然な変化が生じたとしても、そのチップは最適に機能することができる範囲内に十分に収まります。厳格な「ガードバンド」の範囲に収まるチップのみをテストし、承認することで、正規のメモリメーカーは実際の使用で経験する自然な変化に対して説明することができるのです。

Crucialは、世界最大級のメモリメーカー、Micronの高品質メモリのブランドであり、Crucialのモジュールは厳格な品質および信頼性のテストにより裏打ちされています。高品質メモリは一般的なメモリとまったく異なります。信頼性において全く新しいレベルのメモリです。

アップグレードを見つける2つの方法

Crucial Advisorツール
パソコンのメーカー名・モデル名がお分かりの方は、こちらのツールをご利用ください

Crucial System Scanner
パソコンのメーカー名・モデル名が分からない方は、こちらのツールをご利用ください