ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)

Crucial SSDの用語

ACHI。SATA。RAID。って何?SSDの技術用語で混乱した経験がおありの方も、Crucial SSD用語集さえあれば、疑問がすっきり解消します。ご安心ください。このガイドは一般のユーザーにも使いやすく、当社の専門家チームが最も一般的に使用される技術用語を列挙し、なじみやすい言葉で説明しています。その結果、SSDがシステムのパフォーマンスをどのように向上させるかについて理解するのに役立つガイドとしてもご利用いただけます。一語一語、技術用語を分かりやすく説明しています。

用語 説明
アラインメント アラインメントとは、ストレージデバイスのパーティション調整を指します。最適な読込/書込パフォーマンスを確保するためにパーティションの開始位置を決定します(パーティションについての詳細は、下記を参照してください)。
BIOS 基本的な入出力システムです。CMOSとも呼ばれます。BIOSはコンピューターのハードウェアとソフトウェアのインターフェースとなります。BIOSはハードウェアへのアクセス方法を規定します。
ビット 2進数字。コンピューターが認識するデータの最小単位です(1または0)。
バッファ バッファは異なる速度で動作したり、さまざまなプロパティを持つデバイスが共有するデータのための領域を保持しています。バッファを使用すると、デバイス動作に他のデバイスの影響による遅延が生じなくなります。
バイト 8ビットからなる情報単位。バイトはコンピューター処理の基本単位です。コンピューターのパフォーマンスに関するほぼすべての仕様、計測尺度が、バイトやバイトの倍数(キロバイト(KB)、メガバイト(MB))などを単位として示されます。バイトは大文字で「B」、ビットは小文字で「b」と表示されるため、混同にご注意ください。バイトは8ビットからなる情報単位を指し、より大きい計測単位のため、大文字で記載されます。
キャッシュ 一時的にデータを格納する(「置く」)ために使用される非常に高速なメモリの一部です。当社のウェブサイトでは、Crucial Adrenalineソリッドステートキャッシュソリューションと関連して使われることが多い用語です。このソフトは使用頻度が高いファイルをSSD上にキャッシュする(「置く」)ことで、お使いのハードディスクを補い、データアクセス速度を飛躍的に向上します。
Dataplex DataplexはCrucial Adrenalineがキャッシュ(上記を参照)に使用するソフトウェアです。ソフトウェア提供者はNVELOです。
EZ Gig Windowsベースのハードディスク上のすべてのコンテンツをクローンし、SSDに転送するために使用できるソフトウェアです。EZ Gigソフトウェアを使用すれば、SSDにアップグレードした後、オペレーティングシステムやアプリケーションを再インストールする必要はありません。SSDにアップグレードするプロセスが便利で簡単なものになります。

FAT ファイルアロケーションテーブル(FAT)は、コンピューターにとって住所録のようなもので、各ファイルの位置情報とそのファイルにアクセスする方法をシステムに伝えます。FATはHDDやSSDなどのストレージデバイスで広く使用されており、MacとWindowsの両方で機能します。FATの新しいバージョンには、FAT16、FAT32、exFATがあります。
ファイルシステム ファイルシステムは、データがストレージデバイス上でどのように保管され、アクセスされるかを決定します。一般的なファイルシステムはFATやNTFSなどです。
フォームファクタ システムのハードウェアコンポーネントの物理的寸法です。たとえば、SSDのフォームファクタとして挙げられる2.5インチや1.8インチなどの数字から、SSDの寸法を把握できます。
初期化 初期化はファイルシステムによる構成を行い、ストレージデバイスを使用できる状態に準備するプロセスです。そのためには、ドライブ上のすべての過去のデータを削除する必要があります。
ガベージコレクション ガベージコレクションは、使用されなくなったメモリセクターを解放することで、SSDが最適なパフォーマンスを維持できるようにするプロセスです。ガベージコレクションは、SSD自体に組み込まれており、OSには依存しません。
インターフェース インターフェースは2つの独立したシステムが通信する手段です。ユーザーインターフェース(キーボード、マウスなど)は、ユーザーがOSと情報をやりとりし、つながることを可能にします。同様に、他の一般的なインターフェースには、アプリケーションが互いに、およびハードウェアと通信するために使用する言語とコードとして知られているソフトウェアインターフェースがあります。SSDのインターフェースは、電力やデータを受け取れるようにSSDをコンピューターに接続するコネクタとなります。
レイテンシー レイテンシーはシステムのメモリがコマンドに応答する際の所要時間です。一般に、遅延(レイテンシー)が小さいほど速いデバイスとなります。
LBA 論理ブロックアドレス(LBA)は、コンピューターストレージデバイスの場所を特定する方法です。
LPM リンクパワーマネージメント(LPM)は、コンピューターの電源を切る際にSSDに使用する電力を削減するSATAの機能です。
MLC マルチレベルセル(MLC)フラッシュメモリは、メモリセルにつき2ビットのデータを格納しており、4つの状態の動作が可能です。(シングルレベルセルに比べて)低コストでより大容量。消費者ベースのSSD向けの理想的なソリューションです。
mSATA mSATAは薄型モジュール風の外観を持つマイクロサイズのSSDで、MacBook Airのような薄型のノートブック(ウルトラブック)向けに設計されています。他のすべてのSSDと同様に、ハードディスクの代替となります(ロープロファイルや「mini SATA」インターフェースを使用するので、ユニットそのものがmSATAと呼ばれています)。
MTBF 平均故障間隔(MTBF)は、言い換えれば、HDDやSSDで1つのデータ故障が生じてから次の故障データが生じるまでの時間です。データ故障は、SSDよりもHDDの方がはるかに頻繁に発生します。
NAND NANDはフラッシュメモリの一種です。フラッシュドライブのようなものだと考えてください。フラッシュドライブは、コンピューターから取り外された後も、内部に格納された情報をそのまま保持します。これを可能にしているのが、フラッシュメモリ(NAND)です。電源が取り外されても、フラッシュメモリは情報を保持します。NANDはCrucil SSDやLexarフラッシュドライブに使用されています。Micronは世界最大級のNANDメーカーです。
ネイティブコマンドキューイング(NCQ) ネイティブコマンドキューイングは、SATAドライブが読込/書込コマンドの順序を最適化することを可能にし、SSDの全体的なパフォーマンスを向上させる機能です。
NTFS ニューテクノロジーファイルシステム(NTFS)は、Windowsベースのシステムのストレージデバイスで使用される標準のファイルシステムです。
OS WindowsやMacのような、コンピューターを実行するオペレーティングシステムです。Windows XP、Windows 7は、オペレーティングシステムの例です。
パーティショニング ディスクのパーティショニングは、ストレージドライブのスペースをパーティションと呼ばれる独立したデータ領域に分割します。パーティショニングはデータを整理するタンスのようなものとお考えください。データがどこかの引き出しに保管されているとして、その引き出しを区切る板が、パーティションです。
PATA パラレルアドバンストテクノロジーアタッチメント(PATA)は、レガシーHDD、CDやDVDドライブ、フロッピーディスクドライブをコンピューターのマザーボードと接続する歴史あるインターフェース基準で、へその緒のように両者間のデータ送受を可能にする役割があります。PATAテクノロジーの大部分は、SATAテクノロジーに引き継がれています。
RAID リダンダントアレイオブインディペンデントディスクス(RAID)は、複数のストレージドライブを組み合わせて1つのドライブとして動作させ、より良いパフォーマンスを引き出しつつ、セキュリティを強化する機能です。
読込 コンピューター用語では、「読込」はストレージデバイスまたはメモリからデータの一部にアクセスすることをいいます。
S.M.A.R.T. セルフモニタリング(Self-Monitoring)、分析(Analysis)、報告技術(Reporting Technology)(SMART)は、信頼性のさまざまな指標で、システムの不具合を予測して(そして回避)検出し、報告するように設計されたHDDやSSDの監視システムです。
SATA シリアルアドバンストテクノロジーアタッチメント(SATA)。ストレージデバイスや光学ドライブをコンピューターのマザーボードに接続するインターフェースの種類を指します。両者間のデータの流れを可能にする、へその緒のようなものです。SATAはデバイスが送受するデータの転送速度を測る基準です。SATA速度は、SATA I(1.5Gb/秒)、SATA II(3.0Gb/秒)、SATA III(6.0Gb/秒)の3段階に分かれています。
SLC シングルレベルセル(SLC)は、メモリセルごとに格納されたデータの1ビットと、動作の2つの状態を提供する単純なフラッシュメモリアーキテクチャです。このテクノロジーは、一般的にエンタープライズストレージソリューションで使われています。
速度 周波数と帯域幅の2種類の速度があります。周波数は1秒間にデータが何サイクルを実行できるかを指し、通常1秒あたりのMHz数(1MHz=100万サイクル/秒)で表します。帯域幅はシステムのパイプラインにどのくらいの量のデータを送り出すことができるかを指します。帯域幅は配水管のようなものとお考えください。パイプが大きいほど、一度により多くの水を流すことができます。帯域幅は通常、システムが処理できる1秒あたりのギガバイト数で表します。
SSD ソリッドステートドライブ(SSD)は、従来のハードディスクに代わるフラッシュベースのドライブです。従来のハードディスクより速くて耐久性に優れているだけでなく、起動時間も短く、使用電力も少なめです。HDDとは異なり、SSDは可動部品がないため、損傷やコンポーネントの不具合が生じる可能性が低いのが特徴です。
ストレージ ストレージとは、HDD、SSD、フラッシュドライブ、CDなどのデータを保存できるあらゆるドライブを指します。
SuperDuper SuperDuperは、Mac HDDのクローンを新しいCrucial SSDなどに作成できるソフトウェアです。Mac OS専用に設計されています。
スワッピング スワッピングとはシステムのRAMが完全に使用中のときに、ハードディスクのメモリの一部を借りることです。スワッピングは仮想メモリとも呼ばれています。
KB、MB、GB、TB これらはストレージデバイスまたはメモリの密度を測定する単位です。1キロバイト(KB)は1024バイトに相当します。1メガバイト(MB)は1024KBに相当します。1ギガバイト(GB)は1024MBに相当し、1テラバイト(TB)は1024GBに相当します。バイトには大文字のBを使用します。1024キロビット(KBの8分の1)のKbと混同しないようにしてください。
TRIM TRIMコマンドは、オペレーティングシステムがSSDにどのテータブロックが使用されなくなっているかを伝え、それを内部的に削除することを可能にします。このプロセスはSSDの全体的な効率の向上に役立ちます。OSによって開始されるだけで、ガベージコレクションと同じです。
仮想メモリ 仮想メモリとは、システムのRAMが完全に使用中のときに、ハードディスクのメモリの一部を借りることです。スワッピングとも呼ばれています。
ウェアレベリング ウェアレベリングはフラッシュベースのデバイスのすべてのNANDセルが確実に均等に使用されるようにします。これによりメモリカード、フラッシュドライブ、SSDの寿命が延びます。データが各セルの特定の部分に格納され、各セルは限られた寿命を有しているという仕組みです。データが一貫して同じセルからアクセスされている場合、時間の経過とともに徐々にセルが磨耗していきます。ウェアレベリングの技術によってデータがより均一に分散され、セルの磨耗を防ぐことができます。
書込 コンピューター用語では、「書込」はデータの一部がいかにすばやくストレージデバイスに保存できるかをいいます(文書保存は書込機能の一例です)。

ソリッドステートドライブ

Crucialソリッドステートドライブ
アップグレードを見つける2つの方法

Crucial Advisorツール
システムの仕様が分かっている場合は、このツールをお使いください。

Crucial System Scanner
システムの仕様が分からない場合は、このツールをお使いください。