ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)

コンソールよりPCでのゲームプレイが優れている理由

コンソールよりPCでのゲームプレイが優れている理由

ゲーミング論争は、PCの勝利で幕を閉じる

ゲームをする際、PCかコンソールのどちら(あるいは両方)を使うかは悩むところです。ただ、Crucialは、迷うことなく、PCに軍配を上げます。時折ゲームを楽しみたい程度であれば、コンソールも悪くありません。しかし、量産品では得られない究極のゲームプレイを求めるなら、コンソールではなくPCを選びましょう。ひいき目があるのは認めます。それでも以下の理由をぜひご一読ください。


コンソールのいわゆる「長所」は短所の裏返し

コンソールはシンプルで、ゲームを楽しむために設計されている - これは、ゲームマニアたちの間では常識とされています。

ゲームコンソール

コンソールの長所と言われているもの

コンソールの長所が短所の裏返しである理由

シンプルで使いやすい

運転して楽しいのは、通勤用の車とスポーツカーのどちらでしょう。通勤用の車はベーシックですが、スポーツカーにはパワーがあります。この違いはコンソールとPCにも当てはまります。

ハードウェアのアップグレードが不要

高速環境が不要であるのは、ゲームプレイにとってハンデにもなります。

ユーザーの数が多い

コンソールゲームのユーザーはたくさんいますが、熱心さではPCゲームのユーザーにかないません。

マルチプレイがしやすい

コンソールメーカーのサーバー速度に縛られるうえ、最新版には、別途使用料がかかるのが一般的です。

コンソール非対応のタイトル

大半のコンソールゲームはPCでもプレイできる一方で、一部の人気PCゲームは、パワーが不十分なコンソールではプレイできません。

高性能PCより価格が安い

次世代のコンソールに買い替えるより安いコストで、コンソールを上回る性能のゲーム用PCを組み立てることが可能です。

ワイヤレスコントローラがあり、テレビに接続できるので、コンソールをリビングに設置できる

くつろぐことも大事ですが、どの程度ゲームに集中できるかは疑問です。




PCの長所に偽りなし

PCは、性能上のハンデに縛られたくないゲームマニアに適しています。


PCのハードウェアはカスタマイズ可能 - 性能にハンデなし

PCのハードウェアはカスタマイズ可能
- 性能にハンデなし

コンソールの性能は、メーカーの定める仕様に縛られるため、アップグレードの余地はごくわずかです。*PCは、マザーボード、プロセッサ、メモリストレージ、グラフィックスカードを自由に選んで、システムを好きなだけパワーアップし、性能をコントロールできます。


ビジュアルのカスタマイズが可能

対戦に勝つのはゲームの醍醐味ですが、桁外れの解像度が加わると得も言われぬ高揚感が味わえます。PCが4K画質を実現可能であるのに対し、コンソールの画質は1080p以下にとどまります。PCでは、複数画面でのゲームプレイも可能です。コンソールのように1台のテレビに縛られません。

ビジュアルのカスタマイズが可能

ゲーミングマウスの操作精度が向上

ゲーミングマウスの操作精度が向上

ゲーミングマウスは、コンソールコントローラのジョイスティックより使いやすく、正確に操作できます。PCの高画質が組み合わさるとこの特質が際立ちます。ファーストパーソンシューティングゲーム(FPS)を例にしましょう。コンソールのジョイスティックでは敵の胴体を標的としますが、PCのマウスなら敵のシャツのボタンをピンポイントで狙えます。


装備やゲームを変更可能

PCは、外観を変えて、知的かつ独創的な装備を構築できるだけでなく、ゲーム自体を改造して、ゲームプレイも変更できるタイトルが多数あります。一方、コンソールのカスタマイズの余地はごく限られています。

装備やゲームを変更可能
PCゲームを選択するその他の理由

PCゲームを選択するその他の理由

PCゲームを選択する理由は、上記以外にも、Steam®の利用や知識豊かな熱意ある仲間との交流などがあります。PCゲーマーになるにはコストがかかるという意見もありますが、予算は自分でコントロールできます。さらに、構築した高性能システムはゲーム以外の幅広い用途で使えます。





結論

「PCゲーマーになる」の一択です。SSDBallistix®ゲーミングメモリを使用して装備を構築、アップグレードすれば、PCとコンソールの違いはさらに際立ちます。SSDはゲームパフォーマンス向上の即効薬です。高負荷パフォーマンス向けに設計されたメモリで、抜群の応答性、優れたグラフィックス性能、戦闘ゲームを楽しみましょう。




互換性のあるアップグレード。保証。簡単に使える2つのツールで適切なアップグレードを検索します。

役立つリソース

BallistixがWindows 10のゲームプレイの可能性を解き放つ理由
ゲームコンソール、DVR、NAS、ホームサーバーを強化
Ballistixがいかにシステムのパフォーマンスを向上させるか

所有権

本件ソフトウェアのあらゆる権利、権限、利益(特許、著作権、商標、企業秘密およびその他のすべての所有権、知的財産権を含みますがこれに限定されません)は、常にMTI(またはそのライセンサー)に帰属します。ライセンシーは、本件ソフトウェアに対する所有持分が、本契約に基づきライセンシーに譲渡されないこと、ならびに本件ソフトウェアは本契約の期間内に限り、本契約の範囲内でライセンスベースでのみ提供されることを承認し、これに同意するものとします。MTI(またはそのライセンサー)は明確に付与されるものを除くすべての権利を保有します。

  • 許容される使用

    1. ライセンシーは以下のことができます。
      1. ライセンシー所有のコンピューター1台に本件ソフトウェアのコピー1つをダウンロードしてインストールし、使用する。
      2. バックアップの目的に限り、機械可読な形式で本件ソフトウェアの追加のコピーを1つ作成する。
    2. ライセンシーは、適用される法で許容される最大限の範囲において、次の操作を行うことを禁じられています。
      1. 本件ソフトウェアの再許諾、転貸、リース、販売、配布、貸与、同時使用の許可、または本件ソフトウェアの他の権限の付与。
      2. コンピューターサービスビジネス、ネットワーク、タイムシェア、またはインタラクティブなケーブルテレビの取り決めにおける本件ソフトウェアの使用の提供。
      3. 本契約の譲渡。
      4. 対象部分を問わず、ソフトウェアの翻訳、コピー、変更、翻案、改変、リバースエンジニアリング、二次的派生物作成、逆コンパイル、逆アセンブル。

  • 無保証

    本件ソフトウェアは表明または保証を一切伴わずに、「現状のまま」かつ「利用可能」な状態で提供されます。MTIは本件ソフトウェアについて、エラーがないこと、バグがないこと、中断がないこと、時宜を得ていること、完全であること、正確であること、安全であることを提示ないしは保証しません。上記に限らず、MTIは、明示的か黙示的かを問わず、口頭または書面、法定またはそれ以外の形式によるあらゆる表明ならびに保証を明示的に否定します。これには、商品性、特定目的への適合性、権利を侵害していないこと、および権利の保証、また、取引、使用、商慣習の過程で生じる保証が含まれますが、これに限定されないものとします。上記の免責事項は適用される法の下で許容される範囲内において適用されます。

  • 責任の制限

    ライセンシーは、本件ソフトウェアのダウンロード、インストール、アクセス、使用、結果、およびパフォーマンスに関するすべてのリスクを負担します。いかなる状況、また、いかなる法的または公正な理論に基づく場合でも、また、契約、不法行為(怠慢を含む)、無過失責任またはそれ以外によるものであっても、本件ソフトウェアまたは本契約から生じた、あるいはこれらに関連した、収益または利益の逸失、データの損失または損傷、またはその他の商業的または経済的損失、もしくは直接的、間接的、付随的、派生的、懲罰的、または特別な損害について、そのような損害の可能性について通告されていた場合においても、MTIは責任を負わないものとします。上記の制限は、限定的救済措置が本質的目的を果たさない場合にも適用されます。適用される法によって明示的に禁止された範囲内において、本契約のいかなる規定も、MTIの責任を限定しないものとします。

  • 期間および終了

    本契約は終了するまで効力を維持します。ライセンシーは本件ソフトウェアの使用を一切停止することにより、いつでも本契約を終了することができます。ライセンシーが本契約のいずれかの条項を順守しない場合、本契約はMTIからの通知なしにただちに終了します。ライセンシーは契約終了時に、本件ソフトウェアのすべてのコピーを破棄する必要があります。

  • 米国政府がライセンシーの場合

    米国、またはその代理省庁、機関(以下「米国政府」)のために、またはこれに代わって本件ソフトウェアのダウンロード、インストール、アクセス、または使用される場合、その権利には制限が課されます。米国政府による使用、複製、または開示は、DFARS第252.227-7013節の「技術データおよびコンピューターソフトウェアにおける権利条項」のサブパラグラフ(c)(1)(ii)項、またはCFR48号第52.227-19節の「商業用コンピューターソフトウェア - 制限付権利」のサブパラグラフ(c)(1)と(2)で定める制限の対象となります。メーカーはMicron Technology, Inc.、所在地は8000 S. Federal Way, Boise, Idaho 83707-0006です。

  • 輸出制限

    本契約に基づき提供される本件ソフトウェアおよび技術データは、米国輸出管理法の対象であり、他の国々で輸出または輸入規制の対象となる場合があります。ライセンシーは、そのようなすべての法律および規制に厳格に従うことに同意し、ライセンシーがそのような輸出、再輸出、または輸入免許を適宜取得する責任を負うことに同意するものとします。

  • 準拠法

    本契約はアイダホ州の州法および米国連邦法に準拠するものとします。抵触法の原則は適用されません。また、1980年国際物品売買契約に関する国連条約が適用される場合には、明示的に除外されます。ライセンシーはいかなる訴訟についてもアイダホ州に所在する州裁判所および連邦裁判所が適切な法廷であることに同意し、こうした裁判所の専属的な人的管轄権および裁判籍に服します。そのような取引が禁じられている場所ではこの取引は無効となります。

  • 一般

    いずれかの法域において禁止または法的に強制不能とされる本契約の規定は、かかる法域に関して本契約から切り離され、本契約の残りの部分の法的効力をなくしたり、ほかの法域におけるかかる規定の効力や強制可能性に影響を及ぼすことなく、こうした禁止または強制不能が関わる範囲内で無効となります。本契約は、本契約の主題に関する当事者の完全な合意と了解事項を明記するものであり、本契約の主題に関して当事者間が事前に交わしたすべての議論と合意事項を包括しています。本契約の修正もしくは変更、または本契約に基づく権利のいかなる放棄も、MTIが署名した書面を伴わない限り、有効ではありません。